情報メディア発信局

様々な情報コンテンツを発信していきます!

日本円はなぜ世界一の安全通貨なのかー日本は財政破綻を起こすような国ではないー

      2020/09/27

日本国内で日本の財政破綻論をとなえる人たちがいます。
この根拠になっているのが政府の負債が世界一多いという事実があるからでしょう。

しかし世界に危機が訪れると真っ先に円が買われるのは、
世界の国は日本が最も財政破綻を起こしにくい国だと見ているからに他なりません。

なぜ世界は借金大国の日本が財政破綻を起こしにくい国だと見ているのでしょうか。

この答えで最も多いのが、
日本は世界一の対外債権国でもあるからだというものです。

確かにそれも正しい答えの一つになっています。
しかし私はそれ以上に、
日本は工業製品や農産物などの世界一高品質な多くの輸出品を持っているからではないかと思っています。

国が財政破綻するときはどんな時でしょうか。
主に次の2つの原因があります。

1.戦争に敗れ生産力が完全に失われた時
2.外貨が稼げずかつ外国からの負債が返済できなくなった時

1.は戦後の日本で起こりました。
空襲で工場が破壊され極端に物資が不足したためにハイパーインフレを起こしたのです。
紙幣は紙切れ同然になったのです。

2.は例えばギリシャのような場合です。
ギリシャは観光資源以外ほとんど輸出品がありません。
ギリシャはもともとドラクマという独自通貨を持っていました。
経済破綻が起きそうになってドラクマが値下がりしますと、
周辺国から割安と感じた観光客が増えて経済が復活する。
と言うことを繰り返していたのです。
ところが通貨がユーロに代わったために、
この法則が通用しなくなり財政破綻を起こしたのです。

では現在の日本はどうでしょうか。

日本には数多くの企業が存在しています。
工業製品も農産物も非常に高品質だということが世界中に知れ渡っています。
多くの国が日本の製品をほしがっているのです。
しかし日本の製品は質がいいが高いから買えないというのが実情なのです。

もし財政破綻を起こしそうになって円が暴落したとします。

他国から見て質のいい日本製品が非常に安く手に入ることになるのです。
当然各国から注文が殺到するはずです。
その時大量の外貨が流入するでしょう。
瞬く間に財政破綻から復興することになるはずです。

このように高度な技術を持つ日本はそもそも財政破綻を起すような国ではないということです。

世界の国はこのことをよく知っているから、
あらゆる分野で世界最高レベルの技術を持つ日本は財政破綻するどころか、
日本円は世界で最も安全性が高い通貨だと見ているのではないでしょうか。

日本の財政破綻は起こりえないことは、
財政破綻を煽って増税をもくろむ財務省自身も認めていることなのです。

*金融緩和をやりすぎるとハイパーインフレになる。
と思っている人が大半ではないでしょうか。
ではなぜ日銀が異次元の金融緩和をやってもハイパーインフレどころか、
わずか2パーセントのインフレ目標にも達しないのでしょうか。
これはインフレは需要に対して供給が少なくなる。
すなわち需要と供給の関係で決まるのであって、
貨幣の量で決まるのではないことを表しています。
西欧諸国は金融緩和でインフレ目標を達成しいわゆる出口に向かいましたが、
これは西欧人は収入が増えると消費を増やして需要が増えたために起こったのであって、
金融緩和しても日本人のように消費を増やさなければ出口に出れないのです。
要はデフレ脱出は国民が消費を増やさなければ起きないことで、
単純に貨幣を増やせばよいというものではないのです。

*安倍政権下で日本のGDPの浮揚も、
デフレ脱却も実現しませんでした。
これをアベノミクスの失敗と言う人がいますが、
最大の原因は団塊の世代の大量退職です。
退職しますと年収が激減しますので、
当然消費を減らしGDPと物価上昇を抑えてしまったのです。
このことが理解できていない経済評論家が余りにも多い気がします。

スポンサーリンク

 - 経済