情報メディア発信局

様々な情報コンテンツを発信していきます!

日本で徴兵制はあり得ない

   

憲法改正議論が本格化するにつれ、
子供を持つ主婦の中には、
やがて徴兵制が敷かれ、
わが子が戦場に送られることになるかもしれないと、
不安を抱かれている方もおられるのではないでしょうか。

これは一部の間違った護憲派による、
憲法改正に反対させるための意図的な誘導のせいなのです。

今のハイテク兵器は素人では扱えません。
志の高い人の長期間の訓練が必要なのです。
しかもこれからの戦いは人間通しでなく、
ミサイルやドローン、戦闘ロボットなどが主役になるため、
人は必要ではなくなるのです。

政治家がこのような近代戦の常識を知らなくて言っているとすれば、
全く勉強不足の無知な政治家と言われても仕方が無いでしょう。

従って徴兵で人を集める必要は全くありません。
兵隊を鉄砲玉のように戦場に送るなどの批判は、
護憲派が憲法改正を阻むために、
子供を持つ親に恐怖心を植えつけようとする詭弁にすぎないのです。

ただし現在でも徴兵制が必要な国もあります。
例えば韓国が未だに徴兵制を採っているのは、
北朝鮮とは未だに休戦状態であり、
もし戦争が起きればゲリラ戦になる可能性があるからです。

日本は四方を海で囲まれているためゲリラ戦のおこる可能性は少なく、
従って徴兵制は必要ではないと言うことになります。

自衛隊は志願制です。
国を守ろうという志のある若者が入隊するのです。

国のことを思っているとはとても思えないような政治家が、
命を掛けてでも国を守りたいと考えている自衛隊員に対して、
軽々しく論じる資格があるとはとても思えません。

災害時の自衛隊の活躍は今や国民にとってなくてはならない存在です。
その自衛隊が違憲状態にあるとはどういうことでしょうか。
自衛隊に頼っておきながらその地位を保証しない。
こんな身勝手な状況が許されていいのでしょうか。

一刻も早くこの矛盾を解消しなければいけないはずです。
ただただ政権を倒したいために、
徴兵制などと言う不安を煽るような言葉を持ち出して、
国会で無意味な論争を繰り返すような状況を、
私は情けないと思いますが皆さんはどう思われますか。


スポンサーリンク

 - 未分類