情報メディア発信局

様々な情報コンテンツを発信していきます!

老後をどう考え、どう生きるか?

   

医療の進歩で寿命がますます延びています。
誠に結構な話ですが、
老後を充実して生きている人が、
どの位おられるでしょうか。

私は80歳過ぎの人を何人か知っていますが、
よく聞くのが、
人間下手に長生きするもんじやないね。
という言葉です。

例えば65歳で退職して85歳まで生きるとすると20年間です。
趣味を持ち、元気でなんでもできる人は問題ないでしょう。
でも誰もが元気でいられるとは限りません。

思うように体が動かせなくなればスポーツのような趣味はまずだめでしょう。
囲碁や将棋は相手が必要です。
趣味はなるべく多く持つ方がいいですが、
1つだけでも全く体を使わないでもやれる趣味を、
考えておく必要があるのではないでしょうか。

人間の運命なんてどうなるか分かりません。
ベットで寝たきりで何年も過ごさざるを得なくなるなど、
だれでも起こり得る話です。
本人が望んでも死なせてもらえない時代なのです。

体は動かないが頭はしっかりしている。
その状態で何年も過ごすことを想像してみてください。
正に地獄ではありませんか。
そんな時を想定して日ごろから考えておくことは必要なことです。

テレビを見る。
音楽を聴く。
その他に一つくらい体を使わない趣味は持ちたいものです。

私の母は短歌でした。
母が入院した時よく口にしていたのは、
短歌をやっていて本当に良かったということでした。
目についたものは例えテレビの映像でもすべて題材になるので、
狭い病室の中でも何時間でも退屈しないというのです。

頭の中で何かを作り、出来たら書き留める。
体が動かなくてもできます。
短歌がまさにこれですよね。

私がここでお勧めしたいのは、自分史を作ることです。

子供のころから現在まで自分がどう生きて来たか。
楽しかったこと、つらかったこと誰でもいろいろあるはずです。
どこの小学校に通い友達とどんな遊びをしたか。
どんな夢を持っていたか。

中学、高校ではどうだったか。
どんな仕事をしたか、なにが大変だったか。
いくらでも思い出せるはずです。

思い出せることを全部書き留めるのです。
そして時系列で並べましょう。
あとはそれを文章にすれば良いのです。

一度書き上げても後からいくらでも書き足したり、
書き直したくなるものです。
時間はいくらあっても足りないでしょう。

私の叔父はそれで自費出版しました。
母方の叔父でしたが、
決してしゃべろうとしなかった母の悲しい過去も、
それで知ることができました。

そうです。
後に残った人にこれほど有り難い遺品はないのです。
父親や母親の生き方はある程度分かりますが、
祖父や祖母の生き方は分からないのです。

孫のために、子孫のために、
自分はこのように生きてきたのだという証を残すことは、
とても意義のあることではないでしょうか。

これを完成させるまでは死ねない。
書いている本人にも生きる励みになります。
思い通りの物ができれば満足感が生まれますし、
もう思い残すことは無いという気持ちにもなるかも知れません。

(1)完成させるという目標ができ、生きがいになる。
(2)脳を使い、認知症の予防になる。
(3)子孫に遺品として残せる。

正に一石三鳥です。
老後の過ごし方の1つとして考えてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

 - 生活, 老後