情報メディア発信局

様々な情報コンテンツを発信していきます!

日本の歴史は南九州の火山噴火から始まった

   

古代の日本の歴史は天皇の歴史でもあります。
天皇の故郷は古事記や日本書紀から日向(宮崎)と思われますので、
日向に住んでおられた天皇のご先祖の足取りを追いますと、
日本の歴史の始まりが分かるのです。

結論から申しますと、
鹿児島沖で起こった海底火山の大噴火によって、
天皇のご先祖は日向を追われて北部九州に疎開されます。
ところがその後縄文海進によって朝鮮半島に渡られ、
火山噴火と縄文海進の影響が無くなったために日向に戻られ、
その後畿内に進出されて大和朝廷となったということです。

以下でその根拠も併せて詳しく見てみましょう。

約7300年前の縄文初期に鹿児島沖の硫黄島で、
すさまじい規模の海底火山の大噴火が起こりました。
鬼界カルデラ通称アカホヤの大噴火と呼ばれています。

この痕跡は日本中に残されており、
特に九州南部では最大1mの火山灰が降り注いだことが、
鹿児島の上野原遺跡の地層調査で明かになっています。
この火山灰層の下から10数棟の集落跡が見つかっていますが、
この火山によって消滅したことがわかったのです。

人骨が見つかっていないことから絶滅したとは考えにくく、
被害の少なかった北部九州に避難したと考えるべきでしょう。
日向に住んでおられた天皇のご先祖は、
北部九州の現在の宗像市付近に避難されたと考えられます。

これはこの地区に天皇家と関係の深い数多くの証拠が残されているからです。

ここには天祖である天照大神の両親が祭られている八所宮があります。
そして3人の娘さん(3女神)が奉られた宗像大社があるのです。
そのうえこの地域一帯には天皇の墓と言われる前方後円墳が、
高密度で存在しているのです。

このように天皇と深くかかわっていると思われる地域が他にあるでしょうか。
ここを日向から逃れた天皇家のご先祖がこの地を拠点にしていた。
と考えるのはごく当然のことだと思われます。

宗像は宗像一族が支配していたと言われており、
資料が一切残っていないために謎の一族とされていましたが、
天皇家のご先祖が日向から疎開されたとすれば、
正に天皇家のご先祖が宗像一族だということになるでしょう。

ところが約6000年前になると縄文海進が起こります。
縄文海進とは気温の上昇によって海水面が上昇し、
海が内陸深く入り込んだ現象を言います。

これによって低地の集落は水没してしまいます。

これを最も顕著に表した例が佐賀で見つかった東名遺跡です。
泥に埋まっているため保存状態が極めて良好で、
約7000年前の縄文人の生活を理解するための、
貴重な遺跡とされています。

縄文海進の起こった時代の縄文土器が九州でほとんど出土しておらず、
代わりに朝鮮半島でよく似た櫛目文土器が出土し始めるのです。
それ以前は朝鮮半島で土器が見つかっていないことを考えれば、
縄文海進から逃れるために北部九州の縄文人が半島に移り住んだ、
と考えるのが最も常識的な解釈ではないでしょうか。

縄の材料となる葦は温帯から熱帯の植物であるため、
朝鮮半島では縄文土器が作れず、
櫛で文様を付けたために櫛目文土器になったと解釈できます。

天皇のご先祖は半島の南西部を拠点にしたと考えられます。
これはこの地で後にできる百済が、
大和朝廷と同族でしかありえない関係を築いているからです。

古来の日本と朝鮮半島は頻繁な交易を行っていたにもかかわらず、
一切の言葉の障害を伺わせる資料が見つからないことや、
沖ノ島を海の守り神として多くのお供えをしており、
中には金製の高価なお宝が収められていたにもかかわらず、
一木一草を持ち出してはならないという取り決めが守られていたなど、
両者に共通の宗教心や信頼感が無ければ成り立たないことを考えれば、
天皇家通しの交易であったと考えるべきではないでしょうか。

約3000年前になると縄文海進が収まり、
現在とほぼ同じ海岸線になっていることや、
このころから九州の縄文土器が再び出現していることから、
疎開していた半島の住民が九州に戻ってきたと理解できます。

上野原遺跡の地層調査でも、
この頃の地層から再び集落跡が出現しているのは、
火山噴火の影響からも自然が回復したことを物語っています。

朝鮮半島の支配者が天照大神だった時、
日本本土への帰還を決意され、
弟のスサノウノ命を出雲へ、
孫のニニギノミコトを故郷である日向へ派遣されたと考えられます。

私はこれを天孫降臨の史実と考えています。
天照大神はこの時葦原の中つ国を治めるように命じています。
すなわち日本を葦の中の国と表現しているのです。
これは朝鮮半島から見て、
日本列島は縄文海進で作られた平野部が一面葦に覆われていたために、
日本は葦に中にある国に見えたのではないでしょうか。
正に高天原は朝鮮半島だったということです。

出雲に降臨したスサノウノ命とその息子である大国主命によって、
強大な出雲の国が作られます。
その大国主命が天照大神の命令によって、
日向のニニギノミコトに国譲りを行ったのです。

本家の命令には逆らえなかったということでしょう。

これによって天皇家のご先祖は、
九州の東半分と中国地方の広大な領地を所有することになり、
ニニギノミコトから4代後の神武天皇の東征を容易にしたと考えられます。

神話の時代の実際の歴史は以上のようなものであり、
このことから日本の歴史は大規模な火山噴火から始まったといえ、
このアカホヤの大噴火がなかったら、
朝鮮半島と日本列島の歴史は全く違ったものになっていたでしょう。


スポンサーリンク

 - 未分類