情報メディア発信局

様々な情報コンテンツを発信していきます!

古代朝鮮人は日本人で、それも南九州の人達だった。

      2016/03/14

古代朝鮮人は日本人でした。
しかも南九州の縄文人たちが火山の噴火によって故郷を追われ、無人の朝鮮半島に渡った人達だったのです。
彼らが後に百済、新羅、高句麗を作り、日本と深いかかわりを持ったのです。

以下詳しくその根拠を解説します。

まず、遺伝子から日本人だったことを説明します。

現代の日本人と韓国人の遺伝子の関係は次の通りです。
  日本の男性と韓国の男性の遺伝子(Y染色体)は異なる。
               *日本人はDとOのタイプ、韓国人はOのみ
  日本(九州)の女性と韓国の女性の遺伝子(ミトコンドリアDNA)はほぼ同じ
               *篠田謙一氏による

このことから日本と韓国は、男性は人種が異なるが女性は同じ人種であると言えます。

そこでもし、古代の日本人と朝鮮人か全く人種が違っていたら次のようになるはずです。
  日本の男性と朝鮮の男性の遺伝子(Y染色体)は異なる。
  日本の女性と朝鮮の女性の遺伝子(ミトコンドリアDNA)も異なる。

昔遺伝子が違っていた女性が、今の同じ遺伝子に変わるはずはありませんよね。
なぜなら女性どおしが争って、どちらかが片方を絶滅させる必要があるからです。

こんなことは起こりえません。
したがって、古代の日本人と朝鮮人は同じ遺伝子、
すなわち同じ人種でないとおかしいことになります。

ではなぜ男性だけ遺伝子が変わったのでしょう。
それは後から人種の違う男性に置き換わったからです。
これは昔は普通に起こったことで決して珍しいことではありません。

次に彼らが南九州人だったことを説明します。
日本各地で約7300年前の地層から火山灰の層が発見されています。
これは鹿児島沖の硫黄島の大噴火(アカホヤの大噴火)によることが分かっており、
南九州では最大1mの厚さの火山灰の層が発見されています。

1mも灰が降ると、当時住んでいた南九州の縄文人は全く生活できなくなります。
恐らく北へ生活の場を移したことでしょう。
韓国国立中央博物館の古代朝鮮史によると、当時の朝鮮半島では遺跡が全く発見されておらず、無人であったことを示しています。

北へ避難した南九州の人たちが朝鮮半島に渡ったであろうことは容易に想像できます。
なぜならこの後、朝鮮半島で突然縄文土器が出土しているからです。
また当時渡ったであろう丸木舟も発掘されています。

このように南九州の人たちが、アカホヤの大噴火で故郷を追われ朝鮮半島に移り住んで縄文土器を作り始めたと理解するとすべての史実が説明できます。
なぜこれほど古代朝鮮と日本が頻繁に交流していたのかも納得できますし、
そもそも言葉が違う民族どおしだったら、これほどの交流ができるとは思えませんよね?

さらには百済と高句麗が白村江の戦いで滅亡した時、
百済の王様は日向の国(宮崎)へ、高句麗の王様は武蔵の国(埼玉)へ逃げているのです。
これをみても両国は日本人の国だったということが分かると思います。

皆さんはどのように思われましたか。
興味を持たれた方は「情報メディア発信局」で検索してみてください。
類似の記事を掲載しています。


スポンサーリンク

 - 古代日本史, 歴史