情報メディア発信局

様々な情報コンテンツを発信していきます!

古代朝鮮半島で男が入れ替わった

      2017/02/14

古代朝鮮半島の古墳から出土する人骨の遺伝子はすべて日本人であり、
今の韓国人の遺伝子はアムール川のほとりにある悪魔の門の洞窟から出土した人骨の遺伝子と一致していることが、
国際的な調査により明らかになっています。

また現在の日本人と韓国人(特に九州人)の遺伝子関係を調べますと、
女性はほぼ同じであるのに対し、
男性は異なっていることが分かっています。

これは何を意味しているのでしょうか?

古代朝鮮半島はもともとは日本人が住んでいましたが、
ある時点で男性だけ現在の韓国人の先祖と入れ替わったということです。

百済、新羅、高句麗の時代において、
朝鮮半島と日本本土の大和朝廷とは、
互いに頻繁な関りがあったにもかかわらず、
言葉の障害を伺わせる記録が一切見つからないことから、
すべて日本人同士だったということで説明が付きます。

ところが統一新羅の時代になって、
続日本紀に新羅と交渉するため若者に新羅語を習わせた。
という記述があるのです。
すなわち統一新羅以降は習う必要があるほど言葉が違っていたということです。

人は通常の状態で言葉を変えることはありませんので、
言葉が変わったということは言葉の違う支配者に変わったということです。
統一新羅は白村江の戦で生まれた国ですので、
この戦いは日本人と韓国人の戦いだったと考えられます。

白村江の戦いに敗れた日本人男性は半島から追放されます。
これは日本人男性を特徴づけるY染色体D系統が、
現在の朝鮮半島ではほとんど見られないことが物語っています。

アムール川周辺の韓国人の男の先祖が集団で新羅に入り込み、
新羅の実権を握って唐と手を結び、
日本人が支配していた百済と高句麗を滅ぼした。
というのが白村江の戦いではないでしょうか。

ある言語学者は新羅の言葉だけ変化したという見解を述べています。
これは言語学者の研究結果からも、
新羅の支配者が他民族に置き換わったことを裏付けています。

次の高麗は中国の元と手を結んで日本を攻撃しています。
いわゆる元寇です。
この時の高麗軍は対馬の住民を大虐殺しています。
対馬では今なお高麗軍の恐ろしさは言い伝えとして残っています。

この記事によって韓国を非難する積もりはありません。
欧米諸国もアジアやアフリカで残酷な植民地支配をしたのです。
当時は弱肉強食の時代だったので、
現在の倫理観によって欧米諸国を非難しても仕方がないのと同じです。

これまでは韓国に気兼ねして対馬住民への大虐殺は封印されてきました。
これによって現在の韓国を非難するべきではありませんが、
歴史は歴史として真実は明かにしていく必要があるのではないでしょうか。

遺伝子はごまかせませんので、
百済、新羅、高句麗は日本人が、統一新羅以降は韓国人が支配した。
というのが正しい歴史と言えるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

 - 未分類