情報メディア発信局

様々な情報コンテンツを発信していきます!

政治はコンピュータがやった方がいい?

      2017/10/06

いつの世も利権が政治をゆがめ、
様々な問題を引き起こしてきました。
これは欲深い人間が政治をやる以上、
避けられない宿命なのかもしれません。

その結果格差が生まれ、
一部の特権階級によって富を独占する構図が、
世界中に広がってしまったのです。

様々な分野で人工知能が導入され、
人間以上の働きをするようになった現在、
コンピュータが政治をやったほうがいい時代になっている。
と思っているのは私だけではないはずです。

政治は人間でなくては出来ない理由があるとは思われません。
航空機の操縦はほとんどコンピュータがやっています。
自動車の自動運転も可能な時代になっているのです。

コンピュータは世の中のさまざまな分野で、
人間以上の判断をし実行できることが証明されているのです。
航空機の操縦や自動車の自動運転より、
政治の仕組みの方が複雑だとはとても思えないのです。

  *囲碁や将棋も人工知能の方が一流棋士より強い時代になっています。

コンピュータが政策を決定する仕組みが出来れば、
人間の行う現在の不平等さは無くなるはずです。
現在の状況を様々な見地から分析し、
今やるべき最適の政策を導き出す能力は、
コンピュータは人間よりはるかに優れているはずです。

すべてを機械に任せることに違和感があるのなら、
コンピュータが出した政策を人間が検証し、
最終的な決定は人間がするという仕組みにすればよいのです。
要は政治の世界にもコンピュータを活用すべきだと言いたいのです。

人間は過去様々な間違いを犯してきました。
最も大きな間違いが戦争です。
これは人間の欲が引き起こしたことは議論の余地はありません。

最も日本を安全で豊かにできる政策をコンピュータに決めさせれば、
愚かな政治家たちが行っている政治より、
遥かに優れた政治が行えるはずです。

政治は生き物なのでコンピュータでは時々刻々変化する状況に対応できない。
という人がいるかもしれません。
しかしこの能力こそコンピュータの得意とする能力なのです。
常に新しい情報を入力する体制を作れば、
一瞬にして最適な政策を導き出してくれるはずです。

恐らく欲深い政治家たちはこの案には絶対に反対するでしょう。
政治がコンピュータと数人の検証する人間だけで済むため、
ほとんどの政治家達は職を失うからです。

政治は莫大な金がかかります。
議員に支払われる人件費だけでなく、
国会の運営や選挙など莫大な国家予算がつぎ込まれているのです。

政治へのコンピュータの導入は、
このような無駄な経費を大幅に削減できるでしょう。
そして今よりはるかに安全で平等な世界を実現してくれるでしょう。

国会中継で居眠りをして高額な収入を得ている議員を見た時、
私はコンピュータの導入の必要性をいっそう強く感じてしまうのです。


スポンサーリンク

 - 未分類