情報メディア発信局

様々な情報コンテンツを発信していきます!

天皇が朝鮮半島から渡ってきたという噂は本当か?

      2016/04/05

ずばり本当です。
ただし、当時朝鮮半島の住人はすべて日本人でした。
天皇のご先祖が火山の噴火によって故郷の日向の国を追われ、
無人の朝鮮半島に渡られて後の百済の国となる場所を統治されたのち、
日向の国が回復したために故郷である日向の国(宮崎)に戻られただけのことです。

もう少し詳しく説明します。

今から約7300年前鹿児島の硫黄島で大規模な海底火山の噴火(アカホヤ大噴火)があり、
南九州に最大1mの火山灰を降らせています。
この結果、当時住んでいた南九州の縄文人は生活の場を求めて北へ移動したはずです。

朝鮮半島からはその頃の遺跡が見つかっておらず無人であったと言われています。
その直後突然櫛目文土器が出土しているのです。
これを総合すると南九州の人たちが海を渡ったと考えるのが自然でしょう。
実際、韓国南部で当時の丸木舟が見つかっているのです。

日向に住んでいた天皇家のご先祖も火山灰から逃れるため朝鮮半島に渡ったと考えられます。
ずっと後の百済家と天皇家の親密な交流を考えると、
天皇のご先祖が定住された場所は後に百済となる半島南西部だったはずです。

見知らぬ土地に定住するにはリーダーが必要です。
そこで天皇のご先祖が日向の住人をまとめるリーダーとして活動されたのち、
その地の支配者として国を治められたのではないでしょうか。

一方南九州は時がたつにつれ火山灰の影響が徐々に薄れ、
特に日向の国では大きな大淀川の存在によって、
いち早く自然が回復し作物の栽培できる状態に回復したはずです。
それを見定めるため支配者は日向に視察団を派遣したでしょう。
私はそれが天孫降臨だと考えています。

天孫降臨など神話は確かにファンタジーな内容になっています。
しかし基本的には史実がベースになっているとすれば、
高天原は宇宙ではなく実際にある地上の場所だし、
天照大神も実在する人物、
さらには天孫降臨も史実という想定も成り立つでしょう。

そうだとするとその時の支配者が天照大神、
派遣されたのが孫のニニギノミコトということになります。
当時日向の国(日本)を葦原の中つ国とよんでいますが、
朝鮮半島から見て日本は葦の多い国だったため、
そう呼ばれたのだと思います。

以上のように天皇家の歴史はご先祖が火山によって故郷を追われ、
朝鮮半島でベースが作られ、
日本に帰国されて本格的に天皇として日本を統治された、
という図式が成り立ちます。
天照大神が日本にニニギノミコトを派遣して天皇家の出発点となったため、
今では天照大神を天祖として祭られていると考えられます。

このことから天皇が朝鮮半島から渡ってきたと言うのは、
ある意味間違いではないという結論になります。
勿論天皇は間違いなく正真正銘の日本人であり、
それ以外の血は一切入っていないと言えるでしょう。
ふるさとは宮崎であることにも疑う余地はありません。
朝鮮半島は元々は日本だったと理解すれば分かりやすいでしょう。

興味を持たれた方は「情報メディア発信局」で検索してみてください。
類似の記事を掲載しています。

黄河文明は日本人(薩摩人)が作った?

日本の神話は史実だった?高天原は百済(後に百済の国となる地)だった?

大和朝廷と邪馬台国の関係について


スポンサーリンク

 - 古代日本史, 歴史